NewgTLD.Today/JP NewgTLD.Today/EN NewgTLD.Today/KR
.green ドメインはどうやって実現したのか!

アナリサ・ロジャーは「.green」トップレベルドメイン(TLD)の発案者で、DotGreen Community, Inc.の設立者でもあります。アナリサは北カリフォルニアで自然と共生した生活を享受して育ちました。
自然な暮らしが当たり前であり、環境のために何かしたいと思うのもまた当然なことだったとの事です。

私はインターネットの先駆者だった父の遺志を継いで、2006年に初めてICANNミーティングに参加しました。それに触発され、2007年にはロサンジェルスで開催されたICANNミーティングに再度足を運びました。
そこで新gTLDのプロジェクトを知り「.green」というこれまでになかったアイディアがひらめいたのです。環境運動、環境問題、持続可能社会に深くかかわっていたからこそ思いついたアイディアでしょう。

「.green」のウェブサイトをクリックするだけで、毎日何百万もの人が環境運動を推進することが出来る日がくるということを確信していました。全世界が環境に配慮し、社会的意義を持ったビジネスやライフスタイルにシフトしていくことをすすめる運動です。当時はその運動を「Global Response to Environmental and Economic Necessities(環境と、経済活動に対する世界的責任-.GREEN)」と呼んでいました。

『環境運動と持続可能社会がどんどん広まっていくわ!』とわくわくしたのを覚えています。

私は1年で夢が実現すると予想しましたが、実際には8年という長い年月が掛かりました。
当初は環境問題の啓蒙と環境運動の基金のため、非営利のドメインとしてDotGreenを立ち上げる予定でしたが、パートナーとこのプロジェクトを進めていくなかで、投資家から資金を募ることが必要だということが分かってきました。そしてDotGreen Community, Inc.を創設し、非営利組織に資金援助をするEarth Share と共にDotGreen Foundationを運営することになりました。両社とも活動の根底に環境をよくするというポリシーをもっています。

しかし「.green」を競り落としたのはAfiliasでした。AfiliasはICANNより「.org」の公認を得ている、バックエンドオペレーターの中では最大手(Afiliasは企業連合体)のひとつです。私は「.green」が環境運動のために使われることを強く望んでいたのであきらめず、2014年夏にAfiliasにコンタクトをしました。その後パートナーになる合意が成立し、.green TLD構想とDotGreen Foundation、EarthShareの協力関係が実現したのです。

DotGreenの未来

「.green」ネームスペースは開始から6ヶ月がたちました。その間に農業、教育、マーケティング、園芸、自動車、広報、観光などさまざまな業界のリーダーが「.green」ドメインネームを登録しました。ハリウッド女優やNASCARの著名なレーシングドライバーなど、個人での登録もありました。将来「.green」が一般的になるのを楽しみに思い描いています。オンライン上で、どの様な会社や製品、サービスが持続可能を考慮した事業にシフトしているか検索できるのです。私たちの住む地球がより健全になるよう、インターネットでの環境運動と世界規模での環境共生経済をバックアップできるすばらしい時代となりました。



*英語はこちら→ How the .green TLD Became a Reality
*韓国語はこちら→ 어떻게 TLD 「.green」가 실현되었는가



AnnalisaRoger
Annalisa Roger(アナリサ・ロジャー)

会長、DotGreen Community

Page Top

 

お問い合わせ

Fields marked with an * are required
No comments yet Categories: Column

Leave a Reply

Your email address will not be published.