NewgTLD.Today/JP NewgTLD.Today/EN NewgTLD.Today/KR
フロガンズサイト:インターネットコンテンツ公開の新しいツール

フランスで開発され、2016年早々にグローバルリリースを予定しているフロガンズテクノロジーは、オンラインでコンテンツを公開する全く新しいツールです。これはフロガンズサイトと呼ばれ、独自のインターネットアドレス「フロガンズアドレス」を用い、これまでとは異なるブラウザ「フロガンズプレイヤー」でコンテンツを展開するものです。

これまでのウェブサイトとは異なるものとなります。

フランス・パリを拠点とする非営利法人OP3FTがフロガンズサイトを運営します。フロガンズサイトは、これまでのサイトより小さく、軽く、安全性の高いものであり、サイトの形状を自由に作成できる等全く新しいデザイン性を持つものです。また、フロガンズサイトは全てのデバイスからアクセスすることが出来ます。これまでは、パソコン用とスマートフォン用に別途サイト構築をする必要がありましたが、その必要がなく、全てのデバイスで同じように表示されます。フロガンズサイトのゲートウェイは「フロガンズプレイヤー」という独自のブラウザであり、無料でダウンロードすることが出来ます。

2014年12月、OP3FTは「French Tech Tour – Asia」の一貫で、フロガンズテクノロジーのプロモーション等のため日本を訪問しました。
訪日の目的は、商標権者、ディベロッパー、そしてその他全てのオンラインでのコンテンツ掲載希望者に対してフロガンズテクノロジーの技術と機会を伝えることです。その際、以下のような質問を受けました。

1) フロガンズテクノロジーのアイディアはどのようにして産まれたのか。

全てのインターネットデバイスにおけるシンプルなコンテンツの表示とスムーズな連係をしたいというのがフロガンズテクノロジーの開発に繋がりました。フロガンズサイトは、これまでのWorld Wide Webよりシンプルであり、フロガンズ独自の言語「FSDL」を使って構築されます。またデバイス毎の構築が必要ないため構築は1度で済みます。フロガンズサイトは、これまでのWebと比較しても小さく、軽く、エンドユーザのプライバシーを守るものとなっています。つまり、全く新しいインターネットスペースを提供するものとなります。

2) フロガンズテクノロジーはWorld Wide Webにとって代わるものですか。

答えはYesでありNoでもあります。フロガンズサイトはWorld Wide Webにおいて新しいインターネットのレイヤー提供し、新しいフォーマットでコンテンツが表示される技術を提供するものです。つまり、フロガンズテクノロジーは、従来のウェブを代替するものではなく、新しいデザイン性を補完するものであると言えます。

3) フロガンズテクノロジーの利用者は誰なのか。

国際的なアドレスの表示、これまでより小さなフォーマット、複数のデバイスでの使用、そしてセキュリティーを完備するフロガンズテクノロジーは、世界中の個人と法人が利用できると考えます。小さな市場にあるタイの八百屋さんから、日本の大手家電メーカーまで利用することができ、無限大のユーザに提供できるものです。

4) 「.frogans」にはどのような機能があるのか。

2014年4月、「.frogans」はICANNより委任されました。しかし、その他の新gTLDとは異なり、「.frogans」は、セキュリティレイヤー等フロガンズテクノロジーの運用に必要である、いくつかのインフラを提供するためのドメインです。
フロガンズのアドレスは、従来のドメインのアドレスとは異なり「network-name*site-name (e.g. MyCompany*MySite)」というフォーマットで運営されます。このアドレスは、フロガンズプレイヤーで展開されるフロガンズサイトのみで使用されるものです。

5) 今何ができるのか。

フロガンズアドレスの登録が出来ます。
商標権者向けのフロガンズアドレス登録期間は、2015年4月15日~6月15日でした。この商標権者優先登録期間では「Amazon」「Prime」「SwissCaution」等の著名商標がフロガンズアドレスとして登録されました。
2015年6月15日以降は、企業家を含むすべの人がフロガンズアドレスを登録できる期間として開放しており、2015年末まで行われます。また既に「Casino」「Golf」「New-York」等の文字列はフロガンズアドレスとして登録されています。

2015年9月29日(火)のパリ時間14:00~22:30に、フロガンズサイトの使用を希望する全てのディベロッパー向けのコンファレンスを開催します。このコンファレンスでは、フロガンズテクノロジー独自の言語である「FSDL」の説明が行われます。詳細は、以下リンクよりご確認下さい。
https://conference.frogans.org/

ご質問がある場合には、Frogans Projectに直接ご連絡を下さい。
https://www.frogans.org/en/main.html


*英語はこちら: Does Your Domain Name Fit Your Brand?
*韓国語はこちら: 당신의 도메인 네임은 브랜드에 적합한가요?
Tom-MackenzieTom Mackenzieは、フランス・パリを拠点とする技術とフランススタートアップに特化したコンサルタントです。

Page Top

 

お問い合わせ

Fields marked with an * are required
No comments yet Categories: Column

Leave a Reply

Your email address will not be published.