NewgTLD.Today/JP NewgTLD.Today/EN NewgTLD.Today/KR
Category Archives: Column
Taco Bellが利用する「ta.co」は新gTLDにどのような影響をあたえるのか?
JP タコベル newgtld

米国のファーストフードチェーンであるTaco Bellが、ドメインネーム「ta.co」の登録と利用開始をしたことは、Domain Name Wire(DNW)に掲載されたAndrew Allemann氏の記事で紹介された通りです。 DNWでは、「ta.co」の利用により、ドメインネームは「.com」や「.net」だけではなく、それ以外にも選択肢があることを伝える効果がある、と申しています。

ドメインネームはあなたのビジネスをどのように助けるのか
SLAM .brand

※Slam Strategyに掲載された記事です。 新gTLD(Top-Level Domains)は、ICANNによるインターネットドメインの領域拡大です。 ブランドTLD DotBrands – The Next Internet Gold Rush Is Coming from Shaun Cornu ドメインネームのゴールドラッシュはもうそこまで来ています by ショーン…

なぜ「ta.co」は「taco.com」より良いドメインネームなのか
taco better JP

※Domain Name Wireに掲載された記事です。 タコベルにとって、「ta.co」は「taco.com」より良いドメインネームでしょう。 米国のファーストフードチェーンであるタコベルは、ドメインハックとも言える「ta.co」でのプロモーションを開始しました。

タコベルが「ta.co」ドメインネームを利用
タコベル

※Domain Name Wireに掲載された記事です。 タコベルが「ta.co」ドメインネームでプロモーションを展開しています。 コロンビアのccTLDである「.co」は、大企業による登録が増え続けています。ここ最近の例では、米国のファーストフードチェーンであるタコベルが上げられます。

ドメインネームと事業内容はマッチしていますか?
domai1

ドメインネームと事業内容はマッチしていますか? ドメインネームはアドレスにキーワードを含むものがよいと長年考えられてきました。 しかし先進的なSEO(検索エンジン最適化)と新gTLDの登場につれ、時代は急速に変化しています。ICANNの新しいトップレベルドメイン(新gTLD)とこれまでのトップレベルドメイン(.comや.netなど)は事業者様にブランディングの新しいチャンスを提供するものです。

Amazonが「amazonregistry.com」を開始
amazon1

Amazon.com, Inc.が、「amazonregistry.com」を開始しました。76の新gTLDを申請したAamzonですが、これまで大きな動きは見られませんでした。

フロガンズサイト:インターネットコンテンツ公開の新しいツール
Frogans Technology

フランスで開発され、2016年早々にグローバルリリースを予定しているフロガンズテクノロジーは、オンラインでコンテンツを公開する全く新しいツールです。これはフロガンズサイトと呼ばれ、独自のインターネットアドレス「フロガンズアドレス」を用い、これまでとは異なるブラウザ「フロガンズプレイヤー」でコンテンツを展開するものです。

ICANNアジア・パシフィックウェビナーが開催されます。
ican1

ICANN APAC(アジア・パシフィック)による、新gTLD及びccTLDに関するウェビナーが開催されます。 今回はICANNからSteve Chan氏、ブライツコンサルティングから村上氏を講演者として新gTLDに関する プレゼンテーションが行われます。

ICANN(IANA)監督権限移管説明動画
IANA Youtube

現在進行中の「ICANN(IANA)監督権限移管」ですが、Number Resource Organizatino (NRO)が、 説明動画を作成しました。 IANA監督権限移管に関して、より理解を深めるためのご参考して下さい。

ICANN(IANA)監督権限移管に関する意見募集

  現在のドメインネームを取り巻く事象に一つに、ICANN(IANA)の監督権限の民間への移管に向けた動きがあります。現在移管提案がされ、パブリックコメントが募集されています。 日本インターネットガバナンス会議(IGCJ)では、パブリックコメントに向け日本国内で準備を進めており、昨日パブリックコメント草案が公開されました。IGCJではパブリックコメントの賛同者を募っており、以下はIGCJによる意見募集告知です。是非ご一読頂き、インターネットドメインと日本国内における活動の理解を深めて頂ければと思います。

Previous Page · Next Page